AX

マスクすると頭痛・耳痛が?!マスクの正しいあれこれ

a47f536bab19ca80a5889e741c8a53c1_s

風邪の流行や花粉症には欠かせないアイテム、マスク。

ずっと掛けっ放しにしていると、あるとき頭痛になったりしませんか?

また、しっかりマスクしているつもりなのにすぐに風邪を引いたり、くしゃみが止まらなくなったりしてませんか?

ここでは正しいマスクの掛け方や処理方法耳痛・頭痛を防ぐ方法など、マスクの正しいあれこれを紹介します!

SPONSERDLINK

正しいマスクの掛け方

1.オモテとウラを確認

→マスクに記載された文字が正しく読める方がオモテ(文字が印字されているマスクのみ)

2.鼻のラインに沿うよう折り曲げ部分を曲げる

3.上下に広げる

4.マスクの上部を鼻に押し当てながら耳にひもをかける

5.顎下までしっかり広げる

6.鼻・頬・顎の3点をかるく手で抑え隙間をなくす

SPONSERDLINK

 

間違ったマスクの掛け方

8261e0cd40ba537c49870029c9e79011_s

■上下に広げていない

■鼻まで覆っていない

■オモテとウラが逆

■上下が逆

■隙間が開き過ぎている

これら、1つでもあるとマスクの効果はありません。

間違えずに着用しましょう。

処理・利用方法

1f326092792d422088d7d98b85851406_s

マスクの処理方法と利用方法をご紹介します。

間違った処理の仕方をしてしまうと、そこから風邪を引く事もありますのでご注意ください。

ビニールなどに包んで捨てる

包まずに捨ててしまうと、風などで菌や花粉が舞い上がる事がります

マスクは1日1枚!

1枚で何回も着け回ししないようにしましょう

ポケットに入れっぱなしにしてしまったら捨てて別のマスクにする

菌や花粉が付いたマスクをポケットにしまったままにしていると、菌が増殖したりウラ面に侵入したりするのですぐに捨てるようにしましょう。

臭くなったりしていると菌が増殖している証拠です。

マスクに触れたあとは手を洗う

マスクには菌や花粉がこびり付いてますので外した後は手を洗いましょう

耳痛・頭痛を防ぐ方法

ecfcc59fcf6fa9776f0d77b93caba37c_s

マスクを着ける前に、一工夫するだけで頭痛や耳痛が緩和されます。

是非試してみてください。

ゴムひもを2~3回軽く引っ張る

耳にかかる力を少し下げるために行うので、何回も引っ張らないようにしましょう

ゴムひも部分にガーゼをまく

耳と接する面積を増やす事で、耳ひもからかかる力を分散させます

首の後ろまでゴムひもを引っ張り、クリップで固定させ耳裏に接しないようにする

クリップや輪ゴムを使う方法などもありますね。

見た目さえ気にしなければこれが一番効果があるのではないでしょうか。

さいごに

いかがでしたでしょうか。

正しい着用方法を知っていただければ、風邪も引きにくくなりますし、くしゃみも少しはおさまるのではないでしょうか。

またマスクは必需品であるにもかかわらず「頭痛・耳痛になってしまう」と思ったら抵抗感が出ますよね。

ご紹介した方法で少しでも緩和してもらえれば幸いです(^^)!

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

KENKEN
KENKEN
1年を通して様々な方々を対象に有益な情報を定期的に更新していきます!
応援よろしくお願い致します(^^)


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ