AX

足の指が痛い!腫れた! それは痛風かもしれません

ashi-itai01

足に指が洗濯バサミで抓まれているみたい。

足先に針でつつかれてる感じがとれない。

健康診断で尿酸値が高いと言われた。

そんな症状の場合は、

「痛風」かも知れません。

 

「痛風」は生活習慣病の一つです。

生活習慣病とは「痛風」の他に脂質代謝異常症、

高血圧、糖尿病が有名です。

これらは、突然なる病気でなく、

健康診断を受けて異常があった時等に対策すれば、

発症を予防して重症化するのを防げる病気であると共に、

放置してしまうと「死」につながる

重大な合併症を起こす危険があるものです。

 

今回は「痛風」について気になった方、

症状が出たかもしれないけどどうしたらいいのだろう??

と思っている方のために「痛風」の対策をまとめさせていただきました。

SPONSERDLINK

足に指が痛い 腫れた!何が起きてるの?

ashi-itai02

足の指が痛い・腫れた。

この時に身体の中で起こっているのか、

ご説明させていただきます。

  • 尿酸値が7.0mg/dl以上になると体内で処理できないあまった尿酸が体温の低い耳や手足の指先に蓄積します。
  • ストレス・過労・暴飲暴食がきっかけとなって体内に溜まって結晶化していた尿酸がはがれおちます。
  • はがれおちた尿酸の結晶を、白血球が異物と感知して排除しようと炎症反応が起きます。

 

「痛風」の原因には何があるの?

「痛風」の原因は遺伝的要因があるという事が

わかっていますが、詳しくは解明されていません。

統計的に「痛風」になった患者のうち95%が男性で

下記のような方に多いようです。

  • まじめに頑張る人
  • 激しい運動を好む人
  • 早食い、大食いの人
  • 肥満の人

かつては年配の人の病気でしたが、

食生活の欧米化で30代からの発症が

急激に増えている傾向にあります。

 

「痛風」の症状と治療

ashi-itai03

「痛風」は生活習慣病なので、

病気になったからと言ってすぐに薬で治療を開始するのではなく、

まずは生活習慣の改善から始めます。

生活習慣を改善して、それでも発作の頻度が増加し

本格的な治療を開始しますが病気のステージによって治療方法が違います。

どのように違ってくるのかステージ別の症状と治療、

注意点をまとめたので紹介させていただきます。

SPONSERDLINK

 

ステージ症状治療注意点
予備軍無症状(血中尿酸値 7.0mg/dl以上)無(プリン体を控える)発症までの期間は数年単位ですが、血糖や血圧が高い人は発症が早くなる。
初期足先の関節の痛み・腫れが2~3日続き一週間くらいで自然に治る。食事療法(プリン体をとらない)薬物療法(痛み止め、尿酸値を下げる)医療機関に受診しましょう。
中期足先だけでなく他の関節も痛み・腫れる。耳などに痛風結節が出来ることもある。食事療法(プリン体をとらない)薬物療法発作の頻度が増える。
末期足の指の壊疽腎機能障害腎・尿管結石食事療法、薬物療法のほかに外科手術や透析療法の導入がある。日常生活に大きな影響が出る。腎機能障害の進行や血管の損傷により死にいたる事もある。

 

足の指が痛い 腫れた!「痛風」の食事療法のお役立ちサイト

 

痛風の食事療法は プリン体(レバーやビール、魚卵)をひかえることです。

プリン体の多い食品についての動画がありますので

ご紹介させていただきます。

 

【痛風】プリン体の多い食品ランキング

 

わかっているけど食事療法はめんどくさい

食べる楽しみを持っていたい

 

そんな方のために痛風の食事療法に役立つサイトをご紹介させていただきます。

 

  • 食事療法の悩みを栄養士さんに相談できるサイトです。

「楽しく美味しい安心な食」のコンシェルジュ titian

 

  • レシピの紹介をしてくれるサイトです。

GOOヘルスケア とっておき健康レシピ

 

  • 食事を作る暇がない、ひとり分の食事を作るのが大変という方は宅配の治療食もあります。

ミールライフ

 

足が痛い 腫れた!痛風の予防法

ashi-itai04

痛風は予防のできる病気です。

尿酸値が高い

家族が痛風だ

痛風になったが悪くなるのは嫌だ

 

大丈夫です。

痛風は予防が出来ます。

普段気をつけてほしい事を7つ紹介させていただきます。

プリン体・塩分を控える。

プリン体は尿酸の元、塩分は排泄機能を低下させます。

水分を多く摂る。

脱水になると尿酸の結晶がはがれやすくなり、発作が起きやすくなります。

肥満は改善しましょう。

急激な体重減少も発作のきっかけになります。ゆっくり体重を減らしましょう。

アルコールと上手に付き合う。

ビールならジョッキ1杯まで、プリン体ゼロの発泡酒を飲む。

つまみは減塩、プリン体の少ないものにする。 などの上手に飲むための工夫をしましょう。

規則正しい生活を送る。

睡眠不足、不規則な食事時間は大きなストレスになり発作を起こします。

適度な運動をしましょう。

急な運動は発作を起こす原因になります。

週に2回程度30分くらいのウォーキングでも十分効果があります。

笑いましょう

ストレスは発作を起こします。

ストレス発散のために笑顔は老若男女問わず大切です。

 

痛風は他の生活習慣病よりも予防法の効果が高いと言われています。

全部できなくても出来るところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

足が痛い 腫れた!「痛風」かも知れない。

とてもショックな出来事だと思います。

体質や加齢は防ぎようのない事ではありますが「痛風」がある事で

日常生活が改善出来れば、

何もしないで暮らすよりも健康で過ごせるのです。

物は考えよう「痛風」をきっかけに

元気に過ごす未来、悪くないですよね♪

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

ジェイド
ジェイド編集長
Zetta編集長を務めていますジェイドです。
Zettaでは話題のネタや生活に役立つ情報を発信しています。
この記事が少しでも役に立ったなぁと思いましたら、下のソーシャルボタンでシェアいただければ更新の励みになります。


おすすめの人気の記事一覧

Sorry. No data so far.



コメントを残す

このページの先頭へ