AX

レインブーツ(ラバーブーツ)お手入れ方法

rain-boot-oteire01

「レインブーツって要するに長靴ですよね・・・」

なんて言わないでくださいね。

今は、昔のゴム長などと違って、

おしゃれなデザインのものが色々出ているんですよ。

今回はそのレインブーツを簡単なお手入れで、

オシャレなレインブーツが長持ちする方法について

ご紹介したいと思います。

SPONSERDLINK

 ラバー素材の特質

 

天然ゴムと合成ゴム

レインブーツ(ラバーブーツ)は弾力性や耐久性に優れており、

非常に柔らかく伸びのよい素材で、

抜群のフィット感と歩きやすさが特徴です。

 

また、表面に防水のコーティングが施されていますので、

雨の中で履くと、路面にコーティングが反射してブーツが輝き、

とてもおしゃれに見えます。

また、天然ゴムや合成ゴム素材などの

レインブーツ (ラバーブーツ) は断熱性および防水性が高いため、

雪の中でも暖かく、レインブーツとしても高い性能を持っています。

 

しかし、このラバー素材のレインブーツは天然ゴムであれ、

合成ゴム素材であれ、経年劣化をしていきます

特に合成ゴムのものは天然ゴムのものよりも

5000円以下など安価で手に入りますが、

黄ばみや色あせを起こしやすい傾向があります。

 

数年経過するとヒビが入ったり、

汚れが取れにくくなったりしていくのです。

長く履きたいと思うのであれば、お手入れが必要です。

履き心地と防水性を併せ持つものとして、

レインブーツ(ラバーブーツ)は最適な素材と言えるので、

賢くお手入れして長く履きたいですね。

SPONSERDLINK

 

お手入れするとしないとでは寿命がどれくらい違う?

どんなにおしゃれなレインブーツでも、お手入れしないでいると、

1~2年で劣化してかっこ悪くなってしまいます。

きちんとお手入れしていれば、

その1.5倍から2倍は寿命を延ばせますから、

おしゃれに長く履きたいならちょっとした手間暇はかけたいですね。

 

ラバー素材にありがちなトラブル(ひび割れ、黄ばみ、硬化、臭い)

 ラバー素材にありがちなトラブルとして、

ひび割れや、黄ばみ、硬化や臭いなどがあります。

ひび割れ

ゴム素材の製品は何もお手入れなしで使用し続けると、1~2年で無数の細かい傷ができて、ひび割れを起こします。

黄ばみ

特に色の薄いゴム製品は黄ばんでくる場合が多々あります。原因は酸化によるものです。洗剤でごしごし洗ってしまうとその時はきれいになってもその後黄ばんでしまうケースが多いです。日焼けして色が薄くなってくる場合などもあります。

硬化

経年変化で硬くなっていく傾向があります。靴だなに無理やり押し込んで型崩れさせたまま長く置いておくとそのまま硬くなって、補正しようとしてもなかなか元に戻せなくなるので、注意しましょう。

臭い

水を中に通さないのはレインブーツ(ラバーブーツ)の良い点なのですが、内側の汗も外に逃がさずこもったままになってしまいます。足が蒸れて気持ち悪いだけではなく、汗の雑菌が原因で嫌な臭いを発生させます。そのままにしていると水虫などの原因にもなります。

 

トラブルを避ける基本のケア方法(購入後、履く前にするケアと、履いた後、汚れたときなどにするケア)

 それでは、レインブーツ(ラバーブーツ)の

お手入れ方法はどのようにしていったらよいのでしょうか。

そのお手入れ方法についてご紹介させていただきます。

 

購入後即やるお手入れ方法として、

ラバーを保護するケア剤を塗ることをおススメいたします。

「Collonil」というブランドから出ている「ラバーブーツ」は

ラバーに栄養を与える効果があります。

 

使用後のお手入れ方法

  1. まず泥汚れなどがひどい時は水洗い(洗剤はだめです)、そこまでではない時はブラシなどで汚れやほこりを落とします。
  2. 陰干しをして十分水分をとばします。
  3. よく乾かしたら、「ラバーブーツ」の容器をよく振って、ブーツから30㎝程離して全体にスプレーします。25㎝くらいレインブーツ(ラバーブーツ)でも5,6回プッシュしてください。
  4. すぐに毛の短いクロス(オリジナルクロス等)で汚れを落とすように全体をふきます。

以上でお手入れ完了です。

簡単なケアで長く履くことが出来ればお買い得ですよね。

 

さあ、ファッショナブルなレインブーツ(ラバーブーツ)で

雨の日でも雪の日でも楽しくおしゃれにお出かけしちゃいましょう!

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

ジェイド
ジェイド編集長
Zetta編集長を務めていますジェイドです。
Zettaでは話題のネタや生活に役立つ情報を発信しています。
この記事が少しでも役に立ったなぁと思いましたら、下のソーシャルボタンでシェアいただければ更新の励みになります。


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ