AX

新入社員歓迎会の挨拶は何を盛り込めばいいの?時間や長さは?

基本 CMYK

誰でも会社に入る時は、新入社員ですね。

それが学校卒業してすぐであろうと、

中途採用であろうと、いつも新入社員の時は

ドキドキして緊張しますよね。

 

そこで歓迎会などやってもらうと一気に緊張感がほぐれて、

他の社員の方々にも親しみがわいてきて、

話がしやすくなっていくと思います。

 

それでは新入社員歓迎会に当たって幹事さんは

どのようなことを心がけて準備したらよいのか、

また新入社員の方々はどのようなことを考えておくとよいのか、

どのような挨拶や自己紹介の仕方が場にふさわしいのか、

といったことをご紹介させていただきます。

SPONSERDLINK

 新入社員歓迎会

新入社員歓迎会といえば、余興ですね。

こんな感じでおもしろ、おかしい新入社員歓迎会、いいですね。

新入社員歓迎会2013 余興 GENOVA

幹事のお仕事

まず、歓迎会に欠かせないのは幹事さんですね。

それでは幹事さんはどのようなことを心がけたらよいのでしょうか。

幹事さんもかつては新入社員だったはず、

それもそう遠い記憶にはなっていない方々が多いのではないでしょうか。

お店の広さや雰囲気、その時集まった人数や余興など

ご自分たちの頃のことを思い出してみて、

活かしていくようにしましょう。

無論予算や人数については事前に確認を取っておく必要がありますね。

 

そして大事なのは

新入社員さんへの歓迎ムードについて心配りをする

ということです。

 

席の順番等も、新入社員となればみななるべく

端の方を選んで座ろうとするでしょうが、

新入社員と現社員が親睦を深めるための歓迎会ですから、

出来るだけみんなと話がしやすくなるような場所を見つけてあげてください。

 

席や店の様子は当日行ってみないと

分からないことも多いので、

幹事さんは早めに行って席の確認をしておきましょう。

 

そして新入社員が端の方に座ろうとしたら、

声掛けをして自分が設定しておいた席に案内してあげましょう。

 

あらかじめくじを作っておいて、

SPONSERDLINK

皆にひいてもらうというやり方もあるかもしれませんが、

これですと新人ばかりが固まってしまう可能性もありますので、

できれば前もって設定しておいた方がよいと思います。

 

新入社員さんはみな緊張しているでしょうし、

「どんな人たちがいるどんな会社なのかな」

と様子をうかがっていると思いますから、

雰囲気よく会を進めて、緊張をほぐしてあげながら、

積極的にコミュニケーションを取りにいって、

今後の仕事に対するやる気を引き出してあげられるとよいですね。

 

お店の選び方

shinjin-syain02

お店は、気取らない居酒屋系に人気が集まるようですが、

スタイリッシュな会社なら、おしゃれな大人の店、

お料理にこだわるなら料理自慢の店など、

その会社や社員に合ったお店を選ぶとよいでしょう。

 

新入社員の挨拶

 

さて、続いて受けて立つ新入社員さんたちですが、

あなた方にとって、ここがスタートになります。

一般的にはここで最初に新入社員としての

自己紹介があると予想されますが、

そこでしっかりと自分の名前と顔を覚えてもらいたいですね。

 

「自己紹介」や「自己PR」となると、

緊張してしまってどんなこと言ったらいいのかな、

と頭を悩ませる方もおられるかもしれませんが、

あまりかしこまらず、簡潔に済ませてよいと思います。

 

もうそこは面接会場ではありませんから、

自分の出身地や趣味、特技など簡単なものを

笑顔で元気よく伝えればよいのです。

 

自分たちのために会を開いてくださったという

感謝の気持ちを忘れずに、自分を飾らず、

自分のことを分かってもらうような

ざっくばらんな分かりやすい自己紹介を心がけましょう。
聞こえないような小さな声でぼそぼそ言わないよう、

それだけは気を付けましょうね。

「聞こえないぞー!」

と叫ばれてしまって余計緊張してしまうかもしれません。

 

 挨拶の流れ

shinjin-aisatsu03

まずは幹事さんのご挨拶の流れです。

自己紹介

会の趣旨を伝える

イベントの内容を伝える(新人たちの自己紹介や余興等)

料理のコースの説明

乾杯の挨拶

となるのが一般的でしょう。

 

対して歓迎会における新入社員さんのご挨拶ですが、

どのようなことを心がけたらよいのでしょうか。

社員の方々は、新入社員さんのご挨拶や

自己紹介を聞いてどんな人なのかを知りたがっています。

 

どんな人なのか、またどんなことに興味があって

共通の話題はありそうかなどの情報がある程度あれば、

一緒に仕事をしていくうえでコミュニケーションが

とりやすくなりますよね。

 

自己紹介の時に同じ出身地だとか、

同じ趣味を持っているとか、同じものが好きだとかいったことが

分かればどんどん話も盛り上がりますからね。

 

逆に後から失望されないように、

あまり自分をよく見せようとかは考えず、

素の自分を分かってもらっておいた方がよいでしょう。

 

ダラダラ長い自己紹介も場をしらけさせてしまうので、

短時間でさっと終わらせるのがコツです。

時間でいうとだいたい3分以内でしょうか。

 

挨拶の流れとしては、

名前を言う

出身地、出身校

趣味、特技

仕事についての意欲や意気込み

将来の夢

等結びの挨拶

といった感じです。

 

さあ、これでご挨拶も自己紹介も大丈夫ですね。

それでは新入社員歓迎会にいざ、出発しましょう。

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

ジェイド
ジェイド編集長
Zetta編集長を務めていますジェイドです。
Zettaでは話題のネタや生活に役立つ情報を発信しています。
この記事が少しでも役に立ったなぁと思いましたら、下のソーシャルボタンでシェアいただければ更新の励みになります。


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ