AX

スカイツリータウンのプラネタリウムがおすすめ!

skytree-planet01

皆さんは、プラネタリウムはお好きですか?

私は幼い頃から大好きなんです!

子どもの頃、初めて学校の遠足だか、

校外学習だかで経験したプラネタリウムを見た時の感激が忘れられません。

まるで本当の夜空のように暮れなずむ風景、

浮き上がってくる満天の星くずたち、

不思議な形をした星座、静かで穏やかな口調で語られるギリシャ神話・・。

 

長じておとな向けのプラネタリウムも渋谷に見に行きましたが、

こちらはもっと大人っぽく天体のお話が中心でした。

 

自分の子供たちが幼い頃にも何度か連れて行きましたが、

そのたびに子どもたちと感想を言い合いながら楽しんで帰ってきました。

というわけで今回はスカイツリータウンプラネタリウムのご紹介です。

SPONSERDLINK

スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」

skytree-planet02

アクセス

○アクセス所要時間

押上駅

・東京駅から (JR総武線快速) 錦糸町駅乗換 (東京メトロ半蔵門線) 約16分
・品川駅から (京急線・都営浅草線) 直通25分
・羽田空港から (京急線・都営浅草線) 直通42分
・成田空港から (京成成田空港線・成田スカイアクセス京成線) 直通59分
とうきょうスカイツリー駅
・浅草駅から (東武スカイツリーライン) 一駅2分または徒歩約15分
・上野駅から (東京メトロ銀座線) 浅草駅乗換 (東武スカイツリーライン) 約14分

○最寄駅

東武スカイツリーライン/東京メトロ半蔵門線/都営浅草線/京成押上線 「押上駅」

東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」

SPONSERDLINK

skytree-planet03

引用:http://www.planetarium.konicaminolta.jp

 

上映スケジュール

平日 11~21時 1時間ごと(すいている時間11時、19~21時)

土日10~21時(すいている時間10時、21時)

各プラネタリウムの詳しいスケジュール情報はコチラをご覧ください。

 

施設利用料

料金(指定席・入替制)

プラネタリウム
大人(中学生以上)1,100円
こども(4才以上)500円

ヒーリングプラネタリウム
一律(小学生~大人):1,400円
(小学未満のお子様の入場は不可)

障がい者割引

プラネタリウム
大人(中学生以上)1,100円→550円
こども(4才以上)500円→250円

ヒーリングプラネタリウム
一律(小学生~大人):1,400円→700円
(小学未満のお子様の入場は不可)

スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」上映作品一覧

星の島で、恋をする 美ら海に輝く南十字星

skytree-planet04

カップルにおススメのメルヘンチックな作品です。

約40分間上映。

富士の星暦 日本最高峰を知る

skytree-planet05

こちらは、ファミリーにおススメの作品です。

約40分間上映。

 

他にも、お子さん向けの

「ポケットモンスター XY 宇宙の破片(そらのはへん)」

なども上映しています。

最新の上映作品はコチラで確認いただけます。

 

東京スカイツリータウン プラネタリウム天空を撮影した

動画がありますので、ご紹介させていただきます。

<東京スカイツリータウン、プラネタリウム天空 動画> 

それぞれの目的に応じてスカイツリータウンのプラネタリウムを存分に楽しみましょう。

私も行きたいな~。

季節ごとのイベントをご紹介

 スカイツリータウンのプラネタリウム「天空」では、

季節ごとにイベントがあります。

秋にはハロウィンのイベントなども開催されています。

例えば、2014年はスターライトハロウィン開催を開催しています。

skytree-planet06

①お笑いコンビ「流れ星」のアナウンス

②プラネタリウム上映前に投映される3分の幕間で

魔女やお化けたちのアニメがドームにぐるりと映し出され、

特にかぼちゃの流れ星に注目!

③バーチャル打ち上げ花火

コンピューターグラフィックスで制作した打ち上げ花火が、

プラネタリウムのドーム内に上がります。

 

それではみなさん、

早速スカイツリータウンに出かけて

プラネタリウムを満喫してきましょう!

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

ジェイド
ジェイド編集長
Zetta編集長を務めていますジェイドです。
Zettaでは話題のネタや生活に役立つ情報を発信しています。
この記事が少しでも役に立ったなぁと思いましたら、下のソーシャルボタンでシェアいただければ更新の励みになります。


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ