AX

年始の挨拶は英語でドヤっ∩`・◇・)色んな国の年始も知ろう!

 

年始

こんにちは∩`・◇・)Hi!

2014年も気付けば残り僅かとなり、
気になり始める事といえば

年始の挨拶

ではないでしょうか。

私の周りでは
「外国の友人が増えた!」
「最近、上司が外国人に!」
「一念発起で海外留学する!」

という人が、ここ数年で
異様に増えたのですが、
そこで必ず相談されるのが
年始の英語での挨拶 です。

「こんな英語を使って、もし失礼に
あたる英語だったらどうしよう」

やはり日本人たるもの
どんな人相手であっても
礼儀正しく、綺麗な挨拶をしたい
ですよね∩`・◇・)Yes!

ここでは
英語が得意でない方でも使える
礼儀正しい年始の挨拶を
英語の例文でご紹介し、
また様々な国の年始も
ご紹介します(^^)

≫≫≫関連記事「年賀状の「いつ?」をスッキリ!これで元旦にも間に合う!」はこちら

SPONSERDLINK

年始の挨拶例文(英語)

友達に送るのではなく、
上司の方やホームステイ先の
方々に送る為の礼儀正しい
英語での挨拶文をご紹介します。
↓ ↓ ↓

・新年、明けましておめでとうございます 
I wish you a Happy New Year

・新年のご挨拶を申し上げます
Let me express the greetings
of the season

・旧年は大変お世話になり、
ありがとうございました

I’m very grateful to you for the
kindness you showed us last year

・年末年始のご挨拶を申し上げ、
ご多幸をお祈りしております
Season’s Greetings and Best Wishes

・新年は貴方様に特別な年に
なりますように願っております

I hope the new year finds you
in excellent spirit

 

大体、この辺りが
年始の英語の挨拶では
丁寧な部類に入ります。

※注意※
外国に年賀状を送る際は、
相手の国の事情や宗教等を
調べた上で送るように
しましょう。

国によって1月1日=新年に
なるとは
限りません。

人物・動物の絵柄を
避けた方が良い宗教も
あるようです。

その他、
「そこまで丁寧でなくても。。。」
という方は、是非以下の動画を参考に
してみてください(^^)

※字幕ボタンを押して視聴される
ことをおすすめします。

SPONSERDLINK

~動画まとめ~

・明けましておめでとう
Happy New Year

・新年の前に言う挨拶
Greetings We Say Before
The New Year

・よいお年を
Have a happy new year

・20XX年も良い年にしてね
All the best for 20XX

・来年も良い年にしてね
All the best for next year

・来年お会いするのを楽しみに
しています
Looking forward to catching up
with you next year

・休暇を楽しんでね
Enjoy the holidays

・休暇中お気をつけて
Stay safe over the holidays

さて次は
「色々な国の年始」です
∩`・◇・)Yes!

 

色々な国の年始

日本だけではなく、他の国では
年始をどのように過ごすのかを
ご紹介します∩`・◇・)

アメリカ
自由の女神

⇒お正月という概念は無く、
クリスマス~1月1日が祭日です。

・大晦日は友人/恋人/家族でわいわい
・クリスマスツリーは年始も出しっぱなし
・タイムズスクエアの年末カウントダウン
・アメフトの大学チャンピオンズリーグ観戦

 

中国
パンダ
⇒旧暦(太陰太陽暦)のため
1月下旬~2月中旬が祭日で
「春節」といいます。

・大晦日は家族で「年夜飯」
・年越しは餃子、お餅
・一晩中花火、爆竹が鳴る
・「福」を逆さまにし、玄関に飾る
祝う時期が違うだけで、後は
大体日本と同じですね。

 

韓国
チマチョゴリ
⇒1月1日を「新正」と呼びます。

・カウントダウン、花火を打ち上げる
・祖先の霊を祭り、目上を敬う
・トック(餅)スープを飲む
・民俗遊びも行う
韓国での新年はただの祝日のようです。
それよりも旧暦を大切にします。

 

ドイツ
くるみ割り人形
⇒基本、うるさいです。

・クリスマスは家族と過ごす
・大晦日&正月はパーティー
・1月1日はから1日中花火
また歌や音楽、ダンスを楽しむ
地域が多いかもしれませんね。

 

イギリス

衛兵さん
⇒クリスマスが超大事デーです。

・クリスマス・ディナーを食べる
・プレゼント交換をして家族で過ごす
・大晦日には花火大会
・年始は地味
ここも花火か、と 笑
____________________________

 

今まで挙げたのは、ほんの一例です。
まだまだその国や土地の習慣が
あるとは思いますが、言えることは
日本のように年始(西暦1月1日)を
重視している国は少ないという
ことです。

なので「年賀状」を送る日本は
外国の方からすれば、変わった
習慣なんですね(^^)

だからと言って、
送らなくても良いというものでは
ないと思うので、もしあなたが
イチ日本人であるのであれば
この日本の年始における
伝統・習慣を大切にして
いただきたいものですね。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。

どんどん世の中がグローバル化
してきている中で、上記でご紹介
させていただいた事を押さえていれば
最低限ではありますが、恥を書く事は
少なくなると思います∩`・◇・)

是非、今後もご活用ください!

 

≫≫≫関連記事「年賀状の「いつ?」をスッキリ!これで元旦にも間に合う!」はこちら

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

KENKEN
KENKEN
1年を通して様々な方々を対象に有益な情報を定期的に更新していきます!
応援よろしくお願い致します(^^)


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ