AX

風邪薬を飲んだあと、アルコールはどのくらい時間を空けたらいいの?

kazegusuri-alcol01

「風邪薬を飲んだらお酒はだめ」

よく言われますね。

なぜ、アルコールを飲んだらいけないの?

また、どれぐらい時間を空けたらアルコール飲んでも

いいのかについてご紹介させていただきます。

SPONSERDLINK

なぜ風邪薬の後にアルコールはダメなの?

kazegusuri-alcol02

風邪薬を飲んだあとに、アルコールを

飲んではいけない理由は2つあります。

 

一つ目の理由は、

風邪薬を飲んだ時もアルコールを飲んだ時も胃に負担をかけてしまう

からなんですね。

 

二つ目の理由としては、

アルコールと風邪薬の一部の成分が肝臓に入ると

相乗効果で悪酔いする成分を作ってしまうということがあります。

 

風邪薬とアルコールが胃に負担をかけるとは?

kazegusuri-alcol03

胃が痛いとは胃の粘膜を傷めてしまうという事です。

胃壁の表面は粘膜で出来ています、

普段食べ物を食べた時胃が痛くならないのは、

胃粘膜の表面にムチンという胃粘膜を胃酸から保護する物質が

コーティングされているからで、

アルコールや風邪薬を摂った時にこのムチンを溶かしてしまいます。

SPONSERDLINK

ムチンが溶けてしまうと粘膜はそのままの状態で

胃酸を受け止めなくてはいけない状態になります。

 

けがをした時に傷口に消毒薬をつけるとしみるのと一緒です。

剥き出しの胃粘膜に肉をも溶かす胃酸の攻撃・・・

想像するだけでも胃が痛くなります。

 

胃の粘膜やムチンの量は人それぞれですが、

風邪をひいた時に十分な栄養が

摂れないとなかなか治るものも治りません。

 

風邪薬を服用してアルコールを飲むと悪酔いするの?

口に入ったアルコールは

胃や小腸で吸収され肝臓で分解されます。

薬を飲んだ時の代謝も肝臓で行われているので、

肝臓は大忙しです。人により代謝できる量は違いますが、

許容量以上にアルコールを摂取してしまうと、

代謝できないアルコールが体内に残ってしまい

悪酔いもしくは二日酔いになってしまいます。

 

風邪薬を飲んだあとアルコールはどのくらい時間をあけたらいいの?

kazegusuri-alcol04

市販の風邪薬を飲んだときは、

一日3回飲むものであれば6時間

一日2回のものは10時間開けてから

アルコールを飲むようにしましょう。

 

注意しなくてはいけないのは「抗生物質」を飲んだ時です。

抗生剤の中には2回飲んだだけで

一週間位効果が持続するものもあるので、

効果持続型の薬を飲んだ時は6日程度開ける必要があります。

 

しかし、風邪薬を飲んだとき

全ての薬でアルコールを飲んでいけないわけではありません。

※市販の総合感冒薬の添付文書ではアルコール摂取は控えましょうと書いてあります)

風邪の初期に飲む漢方薬 葛根湯 は消化機能を促進し、

肝臓の働きを助けるのでアルコールとあわせて飲んでも

胃痛や悪酔いをする心配はありません。

 

また、アルコールは「酒は百薬の長」

とも言われることがあります。

ビールならば一缶、日本酒なら一合程度の飲酒は

身体を温め睡眠の導入を助けてくれます。

 

風邪薬を飲んでいても飲めるお酒

風邪薬を飲んでいても飲めるお酒はあります。

それは 卵酒 です。

作り方の動画がありますので紹介させていただきます。

たまご酒を作ってみた!

 

卵酒以外にも風邪に効く飲み物って以外にたくさんあります。詳しくは「風邪に効く飲み物は?」の記事でご紹介しています。

 

まとめ

今回は、「風邪薬を飲んだあとアルコールはどのくらい時間をあけたらいいの?」

というテーマで書いてきました。

しかし、風邪のときは、とりあえずゆっくり

身体を休めてしっかりと風邪を治すことが一番です。

風邪は万病もと、

こじらせてしまえば当分お酒は飲めなくなってしまいます。

体調が良くない時のお酒より、

元気で飲むお酒の方がきっと美味しいですよ。

SPONSERDLINK

この記事を書いた人

ジェイド
ジェイド編集長
Zetta編集長を務めていますジェイドです。
Zettaでは話題のネタや生活に役立つ情報を発信しています。
この記事が少しでも役に立ったなぁと思いましたら、下のソーシャルボタンでシェアいただければ更新の励みになります。


おすすめの人気の記事一覧



コメントを残す

このページの先頭へ